空と雲を眺めながら

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
携帯で録ったのに
なかなかgoodな写真だったので、載せちゃいます。ちとでかくてすみませぬ。
今日の夕飯。
鮭のタルタルソース焼き?
パセリはベランダから取ったものです。20090219211431.jpg
スポンサーサイト
本とコーヒーと音楽と
今読み進めているのは、北國浩二さんの「夏の魔法」
長編なのだけど、引き込まれるようにずんずんと読んでいけて。
ちょっと切ないけど、文体とかも読みやすい。
そろそろ読み終わっちゃう。次は何を読もうか??
既に予約しているのは、飯島愛「プラトニックセックス」 椿姫彩奈「私・・・」
湊かなえ「告白」
かなり待ち時間がありそうなので・・・それまでに2・3冊はつなげそう。

地元のお店開拓開始。
オケ友達が駅の反対側に。なので、その日突然連絡してランチやら夕飯やら。
昨日は お好み焼きやさんとcafeへ。
たまたまま「○○田日和」っていうブログで、地元のお店を紹介していて。
cafeはスペースが広く取られていて、普通のテーブルと椅子のセットだったり、ソファーとローテーブルだったり。
場所柄学生ばっかりなのだけど、耳澄ませば「ビオラが・・・」「クラが・・・」なんて 音大生?の女子2人。

そして、今日は一日Vnの練習。
発表会の曲のみ。弾けないパッセージをチューナーとメトロノームでコントロールしながら、リズム練習しながら。まだ弾けないけどゆっくりからすこしずつ。

今更曲は変えられないから、何が何でも追い込んでオケ伴で進まないと。
今月中には暗譜まで持っていきたい。
どうやって練習時間を捻出するかねぇ・・・・
働き人は拘束時間が長いから、きついね。

音の感じ
☆右側に貼っついているブクログに本追加。
最近返しては借りの繰り返しで、「篤姫の生涯」「蛇にピアス」「限りなく透明に近いブルー」。
ジャンル関係なく色んなものを読み漁り中、って感じでしょうか?

☆昨日は個人レッスン。先週は雪、昨日は小雨。
ちょっと早く着いたら、前の男の子(中2?)がラロのスペインのナン楽章だろう? レッスン中でした。
風邪流行っているのかマスクしていて、「今日は体調悪くてfffでないだろうけど、本当はこのくらいの音でね」と言われてました。
風邪引いてるのにさぁ、7分丈の薄いパンツなんだよね。だからじゃん?と思っちゃいました。

さて、私の番。今日は録音の準備もばっちり。やはり録っておかないと課題さえ間違えちゃう脳みそでして。そうそう、今の先生について3年目に入りました。早い・・・

1.セブシック op1-1 No1-4
   なのに、進みが遅いセブシック。1年で16小節くらいしか進んでない計算だわ。
   昨日は、レッスン夕方だったため、それまでに目一杯練習した・・・ ので4つとも問題なく通過。
   1-2-3-4の指広げも今日は音程ばっちりだったようで。

2.小野アンナ音階教本
   3-5-7ポジ移動 ドミレファミソ・・・ 。上行は○だけど下行が音程微妙。
   移動の際に指を弦の上滑らすように力抜いて・・・ ってことをしようとすると音程が狂ってしまう。
   のでもうちょっと練習。

3.カイザー 篠崎2巻版
   これも、3年目。ミーソー (スラー) ミっドっ・・・・ ダウーンアップアップ のアップで指を使うサルタート。アップの時は弦を弓でひっかけるように。だけど、ギッギッって汚い音にさせない。音を飛ばすように響かせて・・・ 
これが、難しいのですよ。移弦だったり左指のおくタイミングと右手の指の使い方を合わせないといけない。ついでに響かせて・・ 中元先弓で・・・  はぁ、これで弓の使い方をマスターしないとね。

4.ブルッフ
  楽譜載せないので細かい指示は省くとして、
   ・弓の配分を考える事。
   ・体全体で音を出す事。腕の曲げ伸ばしだけで考えない。
   ・後ろのオケに分かるようにフレーズを背中で表現する事。特にフレーズの終わり=オケの入り前
   ・比較的低く深い音で出る所は、音の初めが点にならないようにし、大きなビブラート
   ・オクターブの所、例えばD-D-CES-D-CES-Dとか、1の指押さえたまま、隣の弦で4-3-4-3て     半音弾くように。→指がつりそぉ
   ・後半の音が取れたら、どう弾きたいか・どういう音を出したいか考えておいてね

後半1/3はまだ音程も定まっていないので細かい指導にも入れない状態。早く全部通せるようにしないと。だけど、「何となくブルッフの音の感じが出てきたね」と言われて、ちょっと嬉しかったりして。
レッスン終わり近く、次のレッスンの これも中2の男の子が入ってきた。
「彼、1楽章だから、本番は続くわね」と。
「(心の声)うぁぁ、○×ちゃんの次かぁ。やばいなぁ、相当練習しなくちゃ」
あと3ヶ月しかないのでした。

■ リンク

■ 今日の献立

■ おすすめ商品!


フルーツメール


copyright 2005-2007 空と雲を眺めながら all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。