空と雲を眺めながら

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
定演終了&レッスン開始
先週末、地元オケの定期演奏会が無事に終了。
インフルエンザの影響で、観客くるかなぁ?? と不安だったのですが、
なんとか450名の観客に恵まれました。

運営面でも大きなトラブルはなく、
演奏面では、自分の集中力のなさに凹み
でも、美味しいお酒で乾杯できて。

普段話さないティンパニーのおじさまに、「○○ちゃん」と呼ばれ、「俺が20歳若かったら、嫁にするんだけどなぁ」と褒められてるのか、 なんなのか???

次回は12月。こちらは地域共同体?みたいのが主催してくれるため、こちらは演奏だけに集中できる。諸事情でビオラパートが独りになってしまったため、私が回る事に。
ビオラ持ってないけど、バイオリンにC線だけビオラ弦張って、残りはバイオリンのGDA線を張ると良いらしい。これ、打ち上げの際に某プロチェロ奏者に教わった裏技。

そして、今日からレッスン再開。
発表会終わって3週間。本番が入ってたりして、練習不足。
初っ端発表会本番のCDを触りだけ聴かせて貰う。
やっぱ、ホールの録音は全部の音が拾えていて、上手く聴こえる。
間違えもばっちり拾ってるんだけど・・・
先生の評は「落ち着いた演奏だった」「ロングトーンが綺麗に鳴るようになった」以上二点。

来年はどうするか、考えながらレッスンしましょうね。ということで通常レッスン開始。

☆セブシックop1-1:G線で出来る事がA線でできない、何故? 指全体を指板からかなり出すと、指の形崩れず弾けてるらしい。自分でも理解できてなかった。

☆小野アンナ教本;ポジ移動で下がる時、親指主導の動きがスムーズじゃない。

☆カイザー No.2(篠崎ver):ビブラート。かかっている。音の切れ目にvib切れてしまう→音が変わるときに、次の音も一緒に指置いてビブラートさせておく。

☆曲は、フィヨッコのアレグロ:
  ・一つ一つの音を全て均一に響かせる。
  ・16分音符と8分音符の弓幅は1:2.弓幅計算しながら、ゆっくりテンポで練習。

曲は、バッハの無伴奏の1番?のアレグロでも同じ練習になる、って言われたのだけど、新たに譜読みするのが面倒だったので、フィヨッコで。
次は何の曲にしようかなぁ。

ついでに、金曜日のオケの練習。
初めて威風堂々を弾いた。これ弾くのが憧れだった。弦練だったのだけど、それでもやったぁ! 状態。聴く分には格好いいのだけど、弾くのは簡単ではない。
あの有名なメロディーは全部G線 SulG指定が指揮者から。
G線で8ポジ 上のC辺りまで使用。
こっちの本番は来月末、ラストスパートかけないと、かなりやばい。
スポンサーサイト
検察審査会
この言葉知ってましたか?
私も最近知った言葉、そしてその意味合いも。

昨今騒がれているのは裁判員制度、こちらの審査会はもう50年近くも機能しているらしい。
検察審査会も、一般の人が無作為に自治体の選挙名簿から選ばれる。

どちらも選ばれたらかなり大変な仕事になるだろう。
だけど、もし機会があったら、経験してみたい。
銀河鉄道999
オケの練習へ行く最寄り駅。
目の前に停まったのは哲郎くんとメーテル

思わず、携帯でパチッとな。

20090509110532.jpg

発表会が終わって、今月はお休みする予定でしたが、
休むとだれるので、月末にレッスン予約。
フィヨッコのアレグロ、が課題に。

3年前、初めて体験レッスン行った時に、この曲弾いたんだったよな。
上手くなってるのだろうか??

ここんところ、布団に入るのが5時・2時・3時なんてバカな生活になっている。
来週末の定演のプログラム作成のため。
今、数人に校正依頼中。
あとはぁ・・・・
当日の受付周りのセッティング手順を考えなくちゃ、だわ。

発表会無事終了
今の先生について3回目、かつ初めてのオケ伴奏。
無事終了。
12時に始まって、ずーっと他の子の演奏を聴いていると、自分の曲がどんどん抜けていってしまいそうな気がする・・・・んだけど、それは気のせいなのよね。

今年は、私が1・2回目でやった曲をやる子がそれぞれいて、懐かしく思いながら、ついでに「私より重音きれいに鳴ってるぅ」と思いながら、聴いてました。
でそんな去年の私の演奏DVDを今日貰った、という・・・
今更見たくもないんだけど。

子供って、本当に一年で凄ーく上達しちゃうんだよねぇ。
去年アッコーライのコンチェルトを艶っぽく弾いてた小学生の女の子が、今年はバッハの無伴奏パルティータ弾いてたり。
去年ブルッフの3楽章を見事な音程で弾いた男の子は、ミシミシをがんがんに音響かせて弾いてたし。
今年はみんな完成度高いんじゃない?? と 自分の事はすっかり忘れて、聴き入ってました。

さて、1部がピアノ伴奏で、2部がオケ伴奏。
オケのセッティング休憩の間に、音出し部屋に行ってみるが、男の子5人もいてガンガンに弾いていて、私の入る隙間なし。
なんとか、1人抜けた所で 私も2回ほど通し練習。今更やってもねぇ・・・・開き直り

でいよいよ本番。1・2楽章続けてなので、アナウンスで2人紹介、2人出て行って私だけ引っ込む。
1楽章聴いたら、間奏で演奏者入れ替わり。

今日の目標、隣の弦を触らないように、危い所はできるだけ左手見る。胸を張って大きな音を出す時ほど、背中反るような感じで、弓を弦に吸い付ける。
今回は、客席全く見ませんでした。だけど、背中は丸めず姿勢よく・・・

弾いている時は感じなかったけど、何箇所かテンポが走っちゃってる所あり。
リハで合わなかった所は、やはり私の指の回転が足りずに ちょっとオケを待つ感じになっちゃった。
自分でビブラートかけてたかも覚えてない状態。
でも、オケの音は聴けたし、それに合わせて弾けたし。一体感まではいかずとも、気持ちよくは弾けたかもしれない。

終わって、一緒に退いた指揮者の方に「大人の演奏でした」って、言って貰えて、それだけで満足。
オケ伴奏、病み付きになりそうです。後ろがプロだ、っていう安心感もあるのだけど、気持ちいいです。

さて、本番の音源はこちらへ。→。ブルッフ2楽章
もし開かなかったら、右クリックでファイルを保存するか、こちらのページ から開いてみてください。
数ヶ月先になるけど映像もいずれ。
いつの間にか
ばたばたと過ごしているのですが、
ふと気づけば、5月はバイオリンを始めた月。
今月からなんとまぁ、7年目に突入です。
早いですねぇ、こんなに続くとは梅雨知らず。

未だに、音が裏返るし、隣の弦触っちゃうし、ビブラートかからないし、
音程駄目だし・・・・・ あげたらキリがありませぬ。

そんな駄目駄目な中、6日は 初のオケ伴奏での発表会・・・・
はぁ、もっと練習すればよかったぁ・・・
と今言ってもしょうがない。

早く終わって、オケの練習したい・・・
合宿では恐怖の少人数特訓が待っているらしい。

さて、7年目は如何になるやら。

■ リンク

■ 今日の献立

■ おすすめ商品!


フルーツメール


copyright 2005-2007 空と雲を眺めながら all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。