空と雲を眺めながら

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
体験レッスン
急遽昨日決まった体験レッスンへ行ってきました。

余裕を見て50分前のバスに乗り、電車に乗り換え、目的駅でトイレに行き、駅前のバスに乗ったのは20分前。
降りる予定のバス停までは約7分。
そこから、迷う事10分。
どんぴしゃ、ぴったしに約束時間に到着。

お家は高級住宅街?のような大きなお宅。
呼び鈴鳴らしたら、丁度前の生徒さん(小さな男の子とお母さん)が出てきた所、玄関に入り待たせてもらった。

出てきたのは小柄で気さくそうな先生。
教本の話や、もしレッスンするとしたらこういう教本で、こんな教え方で、とか、 そんな話を。例えば、カイザーだったら、最初の方は一つの曲で何通りもの右手バリエーションを練習する。一つに3ヶ月くらいかけるかも、と。私、半年くらいカイザー1番やってたかも。基礎はしっかりやってくれそうな感じ。

でピンポイントの質問としては
「大人の方のレッスンって二つあるのよね。もう楽しく弾ければいい人、ちゃんと技術も高めたい人。どちらかしら?」って。
もちろん後者。

お教室のレベルは高そう。年一回の発表会には、ミニオーケストラをバックにコンツェルトを発表する人も10人くらい。
ザイツでもオケバックにやらせてくれているみたい。
で、アンサンブルのレッスンもあり、アンサンブル用の発表会もあるらしい。
子供さん中心だけど、小学生ばかりでなく中高生も大人も、生徒さんの年齢層も幅広そう。
お月謝は年40回一回一時間で 月17000円。
一回に直すと5000円。
高くはない。前よりは高いけどね。

それから、楽器出してちょこっと弾いてみました。
白本3巻を出して、スケールを弾いてみて。
それから、じゃぁ、曲を と言われて、アレグロを半分。
「3年でこれだけ弾けたら凄いよぉ」と 仰ってくださったが。

「なんか弾き辛くない? この曲は、右手の使い方&左指の使い方&移弦 全部がちゃんと出来てこそ、弾き易くなるのよ。一つ一つをしっかりやると、例えばスケールの早いパッセージも楽に弾けるようになるわよ」と。
で、セブシックを使った練習方法とかを見せてもった。
セブシックで基礎を固める先生みたい。手が小さかったら、それなりの方法を(手の形を)セブシックで身に着ける方が、あとあと楽になる、と。

で、丁度スケール終わった頃に、オケ友がレッスンにやってきた。
「えーなんで来たのぉ?!!」です。
だって、生音聴かせたことないし、今まで他の人の前でレッスンやったことなかったので。
ぶっちゃけ アレグロは緊張しまくり。

というわけで、私も、彼女のレッスン見学させてもらっちゃいました。
順番は セブシック→カールフレッシュ→カイザー→曲
彼女 子供の頃からやっていて、今の先生に着いて9年目位らしい。
曲はバッハの無伴奏の中から。
初めて人のレッスン見学してしまいました。
ちょっと生徒のレベル高すぎたのだけど、「こういうレッスンするのね」と参考になりました。

先生探しも 運とタイミング。
もう1人の先生の方は体験レッスンも来月中旬以降になってしまう。
そちらの体験を受けてからにするか? 迷い中。
今日の先生も素敵で、発表会を聴くだけでも勉強になりそうで。

先生は練習できてなくても毎週くればやる事はあるわよ。と言ってくれているが、毎週行く、ってのがきつい気がする。
割高になっても月2回にして こっちに決めちゃおうかなぁ??
はぁ、悩む。
スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する

■ リンク

■ 今日の献立

■ おすすめ商品!


フルーツメール


copyright 2005-2007 空と雲を眺めながら all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。