空と雲を眺めながら

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
久々個人レッスン
前回のレッスンから約1ヶ月。
こりゃぁ、かなり練習できただろう・・・・
だろう・・・・・だよね・・・・・ ('_'?)...ン??

いやぁ、合宿があったり、仕事メチャ忙しかったり、プチ五月病もどきだったり、で基礎練習以外は
・・・・・・・・・・・ ・・・・・ てんてんてんてん・・・・
ついでに、発熱中のまま レッスンへGO!

☆セブシック No.1-4 6段目くらいかな??
 手の小ささから、4の指を伸ばす時に 手首がローリングする癖がついていた→直ってきた模様
 背中を意識するだけで、3・4の指が届くのよ、→ 確かに・・・
 
☆小野アンナ音階教本
 1-3-5ポジ移動練習。
 大分音がぴたっとはまってきた模様。あとは、移動の時に力を抜いて弦の上を滑れれば○。

☆カイザー No.1(篠崎2巻)
 奏法No.14で 弓が流れないようにする練習。一回弾いた所で、先生
 「鏡見て練習してる??」「いやぁ・・・ポリポリ f  ̄. ̄*)」
 で鏡の前でもう一回弾いてみる。今度は鏡に映る右ひじ辺りを見ながら。
そしたら、すんなり流れずに上手くいった。
意識は1回目も2回目も一緒「弓が曲がらないように」なんだけど、一回目は弓と弦の接着点を見ながら、2回目は自分の右手を鏡で見ながら。その違い。
大人は、上手な人の弾きかたをみてるから、百聞は一見にしかず、で鏡などを使って理想の形を意識した方が良いらしい。子供は真っ白だから先生の言ったこと=やれること になるらしい。
要するに、右手がちゃんとした軌道をしていれば、自然と弦の上を真っ直ぐ通る、ということで。

☆ドルドラ コンチェルティーノ1楽章
見開き2ページのみ弾いてみる→左手さえ物になってない状態
ということで、左手注意しても無駄なので 右手の使い方が中心に。
・しょっぱなの3重音の2分音符4つ。全部ダウンなのだけど、次の音ぎりぎりまで=弓先 まで音を弱めない。ついでにビブラートもかけて。
・重音のff。E-A線でE線だけ音が動く。→弓の幅で大音量を。響きもプラス。
・最後の10度。EC-CC-CC-EC って重音を飛ばしで16分音符。本来ならECを1-2でとって、CCを2-4で取るのだけど、絶対無理→CCは上のCだけにすることに。

この曲、重音がキーになりそうな。途中のゆったり部分とかは問題ないでしょう。
弓が正確な軌道を通ると、苦労なく音が大きくなり響きも出る。
やっと最近 確実に弦を捉えられるようになってきたかも。
スポンサーサイト
ひろ
こんばんは。遊びにきました。
オケに所属されているんですね!!
すごいです! 私なんか日頃のレッスンの曲だけで
精一杯!オケなんて夢のまた夢・・・

5月18日の定期公演、行きたいのですが、その日は
発表会のピアノ伴奏合わせがあるのです・・残念です。


2008/04/21(月) 00:31:41 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する

■ リンク

■ 今日の献立

■ おすすめ商品!


フルーツメール


copyright 2005-2007 空と雲を眺めながら all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。