空と雲を眺めながら

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
オケとレッスン
☆合宿後2週間ぶりにオケ出席。
指揮は代振りでO先生。1ヶ月前なんだけど、、テンポもいつもより早くプロ並み、指摘も容赦ない。
ブラームスはとにかく音が軽くならないように。
普段は合ってるように聴こえてしまう4楽章も、当然着いてこれないパートはボロボロ落ちる。
当然、私も落ちそうになる。 
厳しいけど、この先生の指導半年やったらかなりのものになりそう。

12月定演はO先生指揮で、T先生のブラームスのコンチェルト。既に他2曲も、ショスタコの祝典序曲とレスピーギのローマの松に決定している。
休んでる暇ないのよね。 

☆☆3週連続個人レッスン 最終回

今月初めは仕事も忙しくなく、帰宅後練習できてたのですが・・・・

★セブシックop1-1. No.1-5
指の位置を正しい重心に。34くっつける練習=34指をゴムで巻いて止めて練習など

★小野アンナ教本
1-3-5ポジ移動。
特にG線の場合。ネックから指が斜面を降りるようにバイオリンを構える。ハイポジへの移動の際にバイオリンが動かないように。

★カイザー(篠崎ver)No1
タンタタ タンタタ・・・のリズムのところ。
肘の位置を正確に。弓の移動幅を固定して→崩れる=リズムが崩れる。
弓元でやる場合は、小指重心にして。

★DLDRA Violin Concertino 1楽章
楽譜載せないと見たヒトにはわからないと思うけど、すみません省略で。

出だし、弓元でかなり圧かけてかなり大音量で。
3重音。弓先に行ってもかなり弦に吸いつけて、しっかりした音でついでにビブラートも。
同じリズムが続いて<の時は、弓幅を少しずつ大きくして音量も<に。
4分音符をわざわざ3連符にしている所=リズム揺らしてもいいかも。ただし音は軽くならない。

などなど、最初の半分、だいぶ深く掘り込んだレッスンに。
早く暗譜して、ダイナミクスと曲想に注力できるようにしないと・・・・だわ。
発表会まで丁度2ヶ月。

帰宅してから少し練習。
文化祭でやるヴィヴァルディの四季を譜読み。
2回しか練習出れないから、当日出るか悩み中。ソリストがプロの方なので、変な音出したくない=練習きちんとしたい=練習できなければ出たくない。という図式。
さて、どないしよ。
スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する

■ リンク

■ 今日の献立

■ おすすめ商品!


フルーツメール


copyright 2005-2007 空と雲を眺めながら all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。