空と雲を眺めながら

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
何を弾くのか?
あるお友達のブログを見ていたら、あるコンサートの話を書かれていて。
その中に某プロオケの方の名前が。
実は、その日私の所属する教室の発表会があり、その某プロオケの方数名がお手伝いに来てくれていた。コンサートに出ていた方も、発表会で子供の伴奏弾いていて。
昼間はジャズで 夜はアマチュアの伴奏かぁ。

今思えば、なんて贅沢な発表会なんでしょうね。
ベートーベンのコンツェルトのオケなんて、最初のティンパニーがかっこよすぎ。
先生も、「オケが上手くてねぇ。伴奏の途中を端折るのがもったいなくて。」って贅沢な悩み言ってましたっけ。
結局、ベートーベンは 端折ることなく全部間奏も聴かせてくれたのでした。

今じっくりプログラムを見返すと、ここの曲は殆どがコンツェルト。
本当に小さい小さい子は「狩人の合唱」とかなんだけど、それ以外は、ほぼコンツェルトのオンパレード。
ピアノと、大人のduoを除いた36名のうち、26名がコンツェルト。
ザイツ→リーディング→バッハ・モーツァルト→ 上級者  こんな図式。

みんな いずれはオケ伴奏! って目標があるんだよね。
オケの中での、ソリストとしての音の出し方、伴奏を聴く練習・合図の出し方 とか色々。
オケ版じゃなくてもコンツェルトの方が練習課題をいっぱい見出しやすいそうです。
かくいう私も、2回続けてコンツェルト。来年も多分。

で、早速、候補に挙がっていた楽譜を購入。 高かったぁ。予定外の出費なり。
候補曲はどんどん譜読みして、早めの時期に一回先生に見てもらう予定。
それから曲決める。決めてから、「難しくて手がぁ」って泣かないように。

一応、心意気はあるのですが、長続きするかは、?? だったりする。
スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する

■ リンク

■ 今日の献立

■ おすすめ商品!


フルーツメール


copyright 2005-2007 空と雲を眺めながら all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。