空と雲を眺めながら

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
個人レッスン再開
11・12月と行っていなかったので、かなりお久しぶりのレッスンでした。

☆セブシック op1-1 No.1-4
  →指を弦の真上に置けるように

☆小野アンナ音階教本 3-5-7ポジ移動
  →上った時の音にアクセントがつかないように。要するに、移動がわからないように

☆カイザー 1番。
 →指だけでサルタート。ほぼ完成に近くなった。あとは、曲の中でいかに上手くつかえるか。
  次は同じサルタートでも、ダウンアップアップのアップアップで指を使う。のを宿題

☆ブルッフ2楽章
 1-7小節(1フレーズ目) 
  ・16分音符を大事に/一音一音、羊羹みたいに一定の音量音質を保つ/
   出出しは大きすぎず、だけど弱くなく深い音で/
   3/8のリズムを正確に(オケは延ばしなので、soloはさっくりとリズムを刻まないとずれる可能性あり)
 8-15小節(2フレーズ目)
 ・出出し丁寧に、小さくても弱くなく/
  最後はfからdimしてもよいししなくても良い(次のフレーズがpからなので、差を出すためにf→でも○)
  
他にも色々。
とにかく弾きこむのが今の課題。
スポンサーサイト
【2009/01/12 22:24】 | 音楽 | トラックバック(-) | コメント(2) | page top↑
フリッツ
ブルッフ、頑張って練習してくださいね~
私も以前、練習したことがあります。
その時は、オケ伴奏のカラオケCDに合わせて練習していました。
結構、ゆっくりなテンポで弓が足りなくなったり、伴奏と合わなくなったりで大変でした。
>羊羹みたいに一定の音量音質を保つ
って、この例え面白い~
なるほどなと思えてしまいます。
2楽章は、出だしの旋律をいかに美しく弾いて聞き手の心を掴むかが大事ですよね。

ではまた~
2009/01/14(水) 23:40:30 | URL | [ 編集]
こびと@住人
フリッツさん、こんばんは。
以前にやられたことあるんですね。
1・3は右左手ともに難しいけど、2は何とかなりそうだったので、やりたい曲をやらせてもらってます。

羊羹の例え、分かりやすいでしょ。
この間振ってくれた指揮者が使ってたのです。
ところてんを押し出す感じも、良い例えかも。
ちょっと細いですが・・・

あと3ヵ月半、どうなることやら。
頑張ります。
2009/01/15(木) 22:28:18 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する

■ リンク

■ 今日の献立

■ おすすめ商品!


フルーツメール


copyright 2005-2007 空と雲を眺めながら all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。