空と雲を眺めながら

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
個人レッスン
発表会まで一ヶ月をきりました。
今日、来週、リハ、本番。 はぁ、とうとうここまで来ちゃいました。
最近仕事がハードで夜は練習できないため、会社に楽器持って行って昼休みのわずか30分にかけてます。
生音出せるので、曲中心にffがんがんに。
朝家を出る7時半頃から帰宅する20時21時まで、拘束されちゃう身としては、
土日とか昼休みに練習時間を捻出するしか上達の道はなし。

というわけで・・・・
音をつなげながら弓を返す・ffとかpのとか弓の設置面場所の研究・ビブラート・呼吸法・苦手な音程
そんなのを練習して今日のレッスンへ・・

☆セブシック・・・難なく次へ
☆小野アンナ音階・・・2・3指での1-3-5-7ポジ移動。降りる時の手がスムーズになるように
☆カイザー2番・・・音の変わり目でビブラートが途切れないように

☆ブルッフ2楽章
・今日は音程を細かくチェック。ちょっと狂っても言われない所もあれば、ちょっとの狂いも駄目な場所もあり。本来は全部ばっちりがよいのだけどね。
・ビブラートは、espreの所は大きく、短い音で<>のテッペンの音は指ビブラートで。特にG線ハイポジは綺麗にかけること
・オケとあわせるのが苦手な場所が一箇所。soloはヘミオラで拍と合わない、だけどオケは拍の頭で音がなる。弓の返しも拍と違う・・・ もう何度やっても合う気がしない。
電子ピアノにオケ譜弾いて録音して、それ聴きながらsoloの練習したのだけど、やっぱ今日も違和感あり。オケの音を楽譜に書くか、とことん練習するしかない・・・・
・テンポを変えたい場所は、その前にsolo主導でテンポを作る事、それを後ろに分からせる
・途中soloだけが浮き立つ部分、そこだけ音源でチェックしておくと良い。本番急にオケが引いて、
それにびっくりしないように。

初だから、オケを引っ張るなんてのは無理にしても、オケに呑み込まれないようにしないと。
こっちがとちっても停まっても、オケはプロなのでナントカしてくれるし、音程狂ってもオケに合わせれば、絶対正確だし。
って、オケにあわせる話になってる・・・・
プロのソリストは、オケがソリストに音程リズム合わせていくのよね。

2楽章って、1楽章からattacaで繋がっている。
「どうやって入るんですか?」って聞いたら。
「そのまま続けてやるわよ。ガ○ちゃんが終わったら、入れ替え。オケは停まらないで弾き続けてるわよ。」
「ほぇぇぇ・・・・ (放心中)・・・・リハで練習できます?」
「そうねぇ、やりましょうか」

だんだん現実味を帯びてきてるような・・・・いや、帯びてきてるんだけど・・・・



スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する

■ リンク

■ 今日の献立

■ おすすめ商品!


フルーツメール


copyright 2005-2007 空と雲を眺めながら all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。