空と雲を眺めながら

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
オルガン・メディテーション
東京カテドラル聖マリア大聖堂にて行われた、
メディテーションに行ってきました。

江戸川橋から坂を上ること15分?
暑いしお腹すいたし。
東京カテドラルには、一度だけ川畠成道さんのVnを聴きに行ったことがあります。
その時も、大聖堂に鳴り響くVnの音の線に包まれるような、不思議な感覚になってましたが、
今日のパイプオルガンは、後ろから音の大波がザザーンと押し寄せてくるような感じ。

今日のは、「晩の祈りとオルガン音楽による瞑想」であって、前奏・間奏・後奏のオルガン、その間に聖書の言葉を司祭と参列者?で読み上げる。
こんな45分でした。
目つぶってオルガンの音聴いていると、脳波がどうにかなっちゃってるんだよね、真っ暗な中に音が響いて、ちょっと言葉では表せられないような感覚。
金曜の夜に、頭の中リフレッシュできました。

それにしても、パイプオルガンって難しそう。
技術的にもバッハとかその時代のオルガン曲って、二本の手と、足で4つ以上のメロディーが絡み合ってるような。
更に、パイプの鳴り方が少し時間差がある感じで、ずれを感じさせないような弾き方もしてるんだろうし。
ちょっと、あれ?と思うときもあったのだけど、ピアノしてるから何となく分かっちゃうので、それは抜かして、凄ーく良かったです。

終わって、後ろに立って待ってた演奏者さんにちょっと挨拶に行って。
そのまま、会場前のバス停から、家の近くまで25分で着いちゃいました。
帰りは、ちょっとバス停離れてるんだけど、行きはほんとに目の前からバスが出てて、椿山荘とか凄く近いんだって、再認識。
って、椿山莊には多分滅多に行かないだろうけど・・・・
スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する

■ リンク

■ 今日の献立

■ おすすめ商品!


フルーツメール


copyright 2005-2007 空と雲を眺めながら all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。