空と雲を眺めながら

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
個人レッスン
いつもレッスンの朝、迷うのです。
「はぁ、レッスン休んじゃいたいなぁ」って。

今週も仕事が忙しく、全く練習できず。
というか、仕事がメインになっていて、気分的に弾こうって気にあまりならず
今朝になって、ざざっと全部を弾いた・・・・・それだけ。
バッハまで手回らなかったし。

セブシック数小節、音階1フレーズ、こういうのこそ練習してないのがバレバレになってしまう。
「でも、行かないよりはまし」、とぎりぎりまで迷って出かけるのがここの所の常。

基礎のセブシック・カイザー・小野アンナ教本。
今日の最重要点は左手の形。
例えばポジション移動の際、親指を決めた時点で他の指の形も決まっていると、早いパッセージも楽になるし、音程も確実になる。
多分、かなり細切れで1フレーズずつ、ポジ移動ごと、に繰り返し練習したりしないと、駄目だと思う。
だけど、常にそういう練習する癖をつけておくと、いいのだろうな、と頭では分かるんだけど、
なかなか時間が取れないのも確かであって・・・・

もう6年もバイオリンやっているけど、最初の段階でこういう練習の仕方を教わっていれば、
少しはましになってたのかなぁ?と。
してもしょうがない後悔なども。
いやいや、今からでも遅くないから、地道に一つずつ確実に練習しましょうね、私!

バッハの2番は、ベーレンライター版を買ってみたら、指番号が全く振ってなくて。
鈴木の教本買ったら書いてあったのかな?
まずは、先生が指番号をふってくれて、これをもとに練習しながら自分の指番号に変えていく。
基本は、なるべく同じ弦を使うこと。
バッハの場合は和音を元に音符が分かれているから、一つの和音を作っている音は同じ弦で弾く様に考えるように、と。
これには、スコアと睨めっこして複数の楽器で作られる和音を聴き取る作業が必要。
出来るかしらねぇ、私。
ここまでやれないとしても、この曲もかなりの練習量と正確さが求められる。
気長に1年くらいかけてやるかなぁ?
って、一年かかるよな、きっと。月2のレッスンじゃ、一楽章だけで半年かかりそうであります

スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する

■ リンク

■ 今日の献立

■ おすすめ商品!


フルーツメール


copyright 2005-2007 空と雲を眺めながら all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。