空と雲を眺めながら

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Queen's Strings
昨日は本番でした。
所属しているオケの指揮者兼バイオリニストの先生を慕って、集まった弦楽合奏団 とでも言うのでしょうか?
9月に結集し、約3ヶ月間10回程度の練習。
当主の話を聞くと、どこそこのコンマス、とか、前コンマスとか。かなり上手な人ばかりの集合。
こんなのについていけるかなぁ?と不安ではあったのですが、何とか仕上げて本番へ。

場所は都内某所、M市民文化会館小ホール。
とても響くホール、pとかppを綺麗に聴かせられる、とT先生曰く。
時間の関係で、チェンバロの入るバッハのVnコンチェルトだけステリハ。

その後、控え室でお着替え。今回は持ってる人はカラードレス。
エルガーのときのソリスト4名だけ、バッハは黒で、エルガーでお色直し。
結婚式のお色直しに使えるようなドレスなどなど、控え室は華やかなのでした。

一曲目、バッハのVnコンチェルト。
指揮者なし、ソリストT先生の弾き振り。
先生の息遣いと動作にあわせて、曲が始まる。
こういうの、オケじゃ体験できない。
短く切った音にビブラートかけて響かせて。それがホールに響く。 これは気持ちよかったです。

アンコールは、バッハのarioso。先生のソロに弦はピチカートのみ、そこにチェンバロの伴奏。
弾いているこちら側でも、素敵だなぁと思えたので、観客席はもっと綺麗だったのでは?と期待大。

二曲目エルガー。配置換えのため、全員裏にはける。ここでソリストはお色直し。
なかなか配置換えが上手く行かず、5分の予定が10分位かかってたかも。
ステリハなく、弾き始めたら、弾くのと聴くのと感覚が良く分からなく、それは周りもそうだったようで、
どうもばらついていたような。
ソリストの四人は素敵でした。なんだか、後ろからじっくり見ちゃってました。
エルガー良い曲だったんだけど、もうちょっと時間が欲しかったな。

そして最後は弦セレ。
自分ではもう、気持ちよく弾いてたんだけど、難しい所は難しく・・・・
どう聴こえていたのでしょうか??
アンコールはG線上のアリア。これは、綺麗に行ったのではないでしょうか?

とにかく、こういう弦楽合奏での演奏会って、滅多に開けるものでもないし機会もない。
そんな機会に恵まれて、演奏できたことだけで感謝です。

これからも、基礎力つけつつ頑張るしかないのよね。
スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する

■ リンク

■ 今日の献立

■ おすすめ商品!


フルーツメール


copyright 2005-2007 空と雲を眺めながら all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。