空と雲を眺めながら

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
久々個人レッスン
8月22日に行って以来、3ヶ月ぶりとなってしまいました。
先週のstringsの演奏会に来ていただいてた、ということで、その話から。

「譜めくりの音がきになった」「あのホールには40人は多すぎたかな、音が割れたり」「配置換えに手間取ったのは残念」「Tさん、結構2楽章的なのが得意なのね」
などなど。
響くホールなんだけど、それだけ舞台上の小さな音まで響いてしまうってことなのね。
これは、舞台上にいる人間には分からないわ。
勉強になります。

さて、レッスンの方は・・・・といいますと。

☆セブシックop1-1 A線いきなりミドレド(4-2-3-2)。これ一番きつい。手のひらの向きを指板の方に向けること。op-9は持ってる? という話になり、次は一番から。
家に帰って開いてみたら重音。きついな、これも。

☆小野アンナ音階教本
ハ長調の3オクターブの音階とアルペジオ。例えば、ソドミソードミソドー下降 全部いっぺんに練習するのではなく、1ポジだけのソドミソド-ソミドソ 3ポジのドミソド って風に、2つに分ける。その後、ポジ移動の所だけ練習して、最後に全部くっつける。そうやって、指の形を覚えつつ音程を正確にするように、と。

☆カイザー(篠崎版) の3番。 これも、音程。

☆曲
発表会の曲を何にしますか? という話になり・・・
とりあえず、バッハの2番の出だしを弾いてみるが、これを発表会に、って気分じゃない。
で、あれはこれは、と先生が譜面を出してくれて。
例えばリーディングのop24.鈴木とかに載ってるリーディングより難易度は高く曲らしい。
他には、モーツァルトのソナタとか。

自分的にはモーツァルトのソナタいいなぁ、と。最近の通勤のお供でもあるし。
ただ、ピアノをどうするかが一番の問題。これ、ピアノとのDUOだからね。かなりピアノと練習が必要。
可能性あるのは、身内に1人。声かけてみるかな。
スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する

■ リンク

■ 今日の献立

■ おすすめ商品!


フルーツメール


copyright 2005-2007 空と雲を眺めながら all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。