空と雲を眺めながら

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
自殺を考える
昨夜NHKでやっていた番組。
途中から見たので内容自体は把握していない。

私の周囲で、自殺した人、数名。
大学のときの同級生、多分SOSシグナル出していた。
普通の会話の端々に、自殺をにおわす行動があった。気づいた時はこの世にいなかった。
仕事も友達関係も、家族からも逃げていった男性、友達だったけど気づけなかった。
私に何が出来たか、わからないけれど、彼女たちの事は頭から離れる事はない。

そして、私。
まぁ。色々である。ネット上が一番きつかったかな。
加害側は、「なんでそんなこと?」って意識だと思うけど、受け取る方はそうはいかない。
ちりも積れば・・・である。

自分の常識を正しいものとし、それに当てはまらない人間を排除する。
そして、強いものに巻かれろと、周りを固める。
リアルな生活でも、ネット上でも どちらでもある図式だけど、
集団でしか生きられない、ってかわいそうな人たちだなと、思ってしまうことがある。
こんな事書くと、また叩かれるんだろうな。

自殺を考える、まではいかなくても、そんな感情になることは誰にでもあること。
だけど、他人のことは分からない。
分かるような気がするだけだと思う。
分からなくても、分かろうとしてあげる、それが大事なのでは?

会社の同僚が亡くなられて一ヶ月。
一緒にしていた仕事は、私が中心になって進めている。
だけど、一緒に仕事していたときに、もっと負担を軽くするべく仕事を分担しておけば良かった、とか。
色々と後悔してしまう。
周りに人の事をちゃんと、注意しながらアンテナはっておこう、と思うのだけど、
そういう自分は どうなんだろうか? と思う。
1ヶ月、普通に生活はしているけれど、朝は起きれないし、夜は1・2時になってやっと床に着く毎日。
精神的ダメージはずっと引きずっているはず。
何かあったらカウンセリングを受けてください、と言われているけど、
どのレベルになったら相談したらいいんだろう? とよくわからない。

話が脱線したけど、とにかく、私は周りの事を考えられる人間でありたい、かな。


スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する

■ リンク

■ 今日の献立

■ おすすめ商品!


フルーツメール


copyright 2005-2007 空と雲を眺めながら all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。