空と雲を眺めながら

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
オケ練~Hオケの部~
午前中弦練、午後合奏の丸一日モード。

Be様4番の1楽章始まった所でこそーっと入室。
すいません、バスが一時間に5本しかなくて、乗り損ねて渋滞にもはまり・・・・

今回は、ちょっと練習したので、練習の理解度も全然違う。

(ほんのちょっと練習しただけでも、今までゼロだったから月とすっぽん。こんなんで自慢してちゃしょうがないけど)

指揮者はプロオケのチェロ奏者なので、弦練となるともう細かい所までしっかりみてくれる。 指導 というより レッスン。

パート間でメロディーの受け渡しがあれば、途切れないような弾き方や注意点として示してくれるのは毎度の事

各自がスコア見ながら練習できれば最高だけど、そうはいかないので、今聴かせたいメロディーパートがどこか、そこが客席に聴こえるように伴奏パートに指示が飛ぶ。

今日の(≧∇≦)ъ ナイス! な一言は
<>のように クレッシェンドして直ぐにピアノにするとき。
切ないような、失恋した時のような 「はあぁぁ」ってため息みたいに。って。
これだけで、オケの音が直ぐに変わってしまう。魔法の一言かもね。

本番は2回。市の文化祭でBe様4番。
定演でBr様3番も。
文化祭では一曲だから、Be様でもビブラート使っていいけど、定演ではできるだけビブラート使わないように、と。
何故か?って。 2曲並ぶ Br様との対比をしたいからだそう。
2曲並んだ時は、1曲目はできるだけさらっとnonビブラートで、Br様はがんがんにビブラートかけて、ねちっこい音で・・・

このHオケは、一年一回の定演。
曲弾くだけの練習だったら、半年定期でも可能かもしれないけど、
のんびり慌てることなく 指揮者先生のこんな話を聴きながらの曲作りは 楽しいです。

今日は最後にBr様3番通し弾きしたのだけど、初めて4楽章一気にいったら、疲れた。
スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する

■ リンク

■ 今日の献立

■ おすすめ商品!


フルーツメール


copyright 2005-2007 空と雲を眺めながら all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。